忍者ブログ

   

広島 廿日市の旅 往路ですよ~ (^_-)-☆


  夢のようなあの日から、何日経ったのでしょうか(^-^)
もう遠い過去のような気もするし、昨日の事のような気もする。
整理するにも、そろそろ限界。
しないと健忘症が発症するね (^_-)-☆
いつものように時系列で記すのが、一番かな(^-^)



 朝は目覚まし時計が鳴る前に目覚めた。
まるで園児の遠足のようです。
窓を開けると、夜明け前の朝焼けです。
もしや雨が近いのでしょうか。
まあこれもお愛嬌ですね(^_-)-☆
雨は孝子さんにはお似合いと、
割り切っています。
 当然駅に着くのも、一時間前。
いつものように格安の旅で、
企画もののこだまに乗ることにした。
次々と700系の列車が着いては出ていく。
中ほどの線路は猛スピードで行き過ぎる。
10時過ぎまでが異常に長く感じられた。
心は広島なのに、まだ私はここにいる。
 定刻に止まった今日のお目当て新幹線。
顔つきの違いに、この時気がつく。
詳しくはわからないけど、
この方が愛嬌が有って可愛いね(^_-)-☆
JR西には500系が走ってたはずなのに、
もう引退したのかな?
型もカッコいいし、
車内もやや狭い気がするけれど、
狭いなりに、どこか落ち着く。
 今回のお得切符です。
定価で旅するなんて、
今時バカらしいですね。
探せば色々と有るもの。
でも多少の不便なことも有ります。
時間帯や車両などの指定が有るけど、
半額以下となれば、即決ですね。
自由席がガラガラというのも特徴ですね。
 追い越しの為止まってる事方が長い。
岡山も過ぎ、広島の少し手前の或る駅。
『東広島』って???
ホームに置いてある『こも樽』で納得。
『西条』である。
まち音『笠岡』の翌日、訪問した町です。
あの『女史』が住んでる町です。
ライブには参加されるのでしょうか。
 広島着12時18分。
宮島口には14時には着きたい。
広電での移動や、写真撮影を考えれば、
ゆっくりと食事など出来ない。
時間もないし、腹の足しになれば良い。
高架下の店へ飛び込む。
結果的に高いうどんに有り付く(^_-)-☆
検索するべきだったと反省(--〆)
 そのうどん屋からは、間近です。
絶えず出ていく広電。
今まで色んな町で乗ってきたけれど、
こんなに頻繁に出ていくのは初めてです。
また色んな方面も有り、
大人でもウキウキしますね。
かなり古い車両から、
最近のバリアフリーの車両まで。
 お目当ての宮島口行きが出てしまい、
しばし、行きかう電車を眺めてました。
広電は路面電車の博物館だと、
云われるのも納得。
 明日乗る広島港行き。
手前の『宇品』に淡い思い出が、、、。
あの頃は宇品が終着駅だったはずです。
もう何十年も前で、
どのように変わっているのでしょう。
それとも昔のままなんでしょうか。
 時間がないので乗った電車。
最新式の車両。
数年前の富山、先日の高岡と同じ車両。
音も静かですね。
型式が同じなのか、別物なのか。
下車しての撮影は、その時の雰囲気。
でも紙屋町がベストのようです。

 紙屋町には交差点を挟み、
『紙屋町東』と『紙屋町西』が有り、
地下街でも繋がっている。
ここからは各方面への電車が行き交い、
撮影のベストポジションです。
時の過ぎるのも忘れるくらいです。

 詳しい方ならどこから広電へ来たのか、
また歴史や装備などもご存じですね。
ただ眺めているだけで、楽しいですね。
 ホント色々とあります。
こうして一両だけというのも珍しいです。
 すぐにこんなに嬉しい状態に。
全て行き先は違います。
各方面10分毎だと、
自家用車は要らないですね。
ただ長崎でも感じた事ですが、
バリアフリーの車両でないと、
乗り降りが大変です。
観光客には珍しくても、
生活するには不便では、ね。
 宮島口行きも来ました。
この電車で1時間かかります。
隣の停留場が見えるのでは?と、
思えるほど頻繁に停車します。
でも安い。
広電西広島駅から専用軌道になります。
二両連結には車掌さんも乗ってます。
都会では珍しい光景です。
 地下街に降り、
紙屋町西に移動したら、
別のショットが撮れ、時間を忘れる。
 夢中になり、乗り遅れました。
いくら時間が有っても足りませんね。
宮島では、Sさんと待ち合わせしてます。
こんな事で良いのでしょうか。
 これは結構古株ですね。
まだ現役で活躍しています。
JR横川から来る車両のようです。
乗ってみたかったけれど、
次回の楽しみです。
 これが明日乗る予定の宇品行きです。
あの日、乗ったかは記憶が有りません。
覚えているのは、終点で降りた事。
寂びれた港町だった事。
そして、、、、。
 定刻より10分遅れで、
終点広電宮島口駅へ到着。
路面電車の終着駅って、
寂しいものなのに、別世界です。
団体さん、家族連れ、女子会、
そしてオバサン族。
観光地へいよいよ突入です。
 皆さんが去ってから、パチリ。
こんな事してる場合ではないのにね。
結果またまた、1便乗り遅れました。
 途中でチケットを買いました。
JR系と広電系のフェリーが有り、
今回は広電系に乗る事に。
10分置きに出るなんて、都会並み。
 ぼやぼやしてる内に、
出てしまったフェリーです。
フェリーと云いつつも、
車の姿はなかった。
遠く宮島の厳島神社の姿が、
ぼんやりと見えます。
所要時間は10分。
 フェリーからの宮島です。
船着き場から、神社まで20分。
この知識が誤解の元でした。
宮島口から神社参拝して戻るのに、
1時間くらいとの甘い考えでいました。

 Sさんの先導がなかったら、
宮島内で迷子になっていたでしょう。
宮島の船着き場でSさんと再会し、
その後お世話になりっぱなしでした。
遅くなりごめんなさい。
そしてありがとうございました。
 奈良の鹿とは違い、
おとなしいですね。
また自然に溶け込んでいました。
 有名な鳥居ですが、
近くで見るとチョットがっかりです。
京都の伏見稲荷の鳥居の色を、
イメージしていました。
 写真は撮ってるものの、
印象は少ないですね。
『観光地』は本来嫌いだったけれど、
それでも死ぬまでの記念に。
 ここへの本来の目的は、
お守りを買う事。
孝子さんの『良縁祈願』と、
僕の『交通安全』のお守りです。
 えっ、京都?って思うのは短絡的ですね。
ただただ珍しくて、撮っただけ。
 撮ろうかどうか迷ったけれど、
あちらこちらでシャッター音。
厳粛な雰囲気に、水を差さないか。
お幸せに(^-^)
 これが今回のお宝です。
こんなポストは、
阪堺電車に乗った時以来です。
懐かしいでね。
時間が有ったら、
ここから手紙書くのも良いでしょうね。
 結果Uさんとも20分遅れで再会。
いつも穏やかなその雰囲気に、
癒されますね。
広電で10分ほど戻り、
今日の最後で最大の目的地、
はつかいち文化ホールの最寄り駅、
広電廿日市市役所前駅です。
 17時開演なのに、16時30分に到着。
HPでは知ってたものの、
目の前にするとドキドキします。
30分もすれば、
孝子さんが目の前に現れるのです。
目の前に、ですよ(^_-)-☆
 今回お世話になったAさんとも、
無事再会しました。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
ライブ後の酒宴に参加されないのが、
ホント残念です。
孝子さんの最近のお出迎えの笑顔です。
 休憩中の外の様子。
夕焼けは期待できないようです。
ライブは大盛況です。
孝子さんはいつものように可愛く、
少女のようなチャーミングさも素敵。
 こんな夕景だったら、
最高だったのですが。
でも雨に降られなく、
晴天に恵まれて、
孝子さん、雨女返上ですね。
 出待ちの規制もきつく、
早々に退散です。
ワンボックスの窓越しの、
孝子さんの笑顔がチラリとだけです。
Aさんと別れ、広電で一時間。
広島の繁華街の雑居ビル。
自分が描いていた理想のライブだったし、
気心の知れた孝子ファンと呑む地酒は、
最高です。
次々と運ばれる料理と、地酒。
そして孝子さんの事を肴に、心も満タン。
時間はいくら有っても足りません。
楽しいひとときは、
思いのほか短いものです。
いつか呑み明かしたいですね。
 ネットでの情報だと、
もっとにぎやかだと思った。
日曜日はこんなものですか。
その方がゆっくりと話は出来た訳ですが。
それにしても皆さん、
孝子さんへの拘りがすごい^_-)-☆
僕などまだまだヒヨッコです。
Mさんライブ記事の速記方法、
色々とご指導願います。
 そうそう料理は新鮮でした。
ただ量が貧相でした。
呑みながらの、注文が難です。
大皿が有れば、と今頃気づく。
 せっかくの吞み会。
写真を撮ってて良いのか、
との思いもありましたが、
こうやって記念に残すのも生きた証。
大好きな孝子さんに誘われ、
同志との記念写真を、
載せらないのが少し残念。
ネットの怖さも有るので、ご理解を。
 色んな話をしているうちに、
酔っ払ってました。
こんなに呑んだのは久々です。
ありがとうございました。
またお逢いする日を、
楽しみにしています(^_-)-☆
 これが今回のプレミアムチケットです。
この感激はわからないでしょうね。
肉体的、心理的な御苦労の末ですね。
Aさん、ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょうね。
一枚のチケットが見知らぬ土地へ招き、
ジッと見つめる瞳に、
答えた『笑顔』は僕だけのもの(*^^)v
無理に逸らした仕草は、
愛らしいですね(^_-)-☆
 今回の広島行きに利用したサイト。
深夜バスより安く、便利です。
さて来年は利用できるかな?












    さて帰路のアップは、いつになるのかな(^_-)-☆

             期待せずに待っててね(-。-)y-゜゜゜








PR