忍者ブログ

   

T's GARGEN下関-5


  明けて11月19日 土曜日。
少し呑みすぎたかな、と思いつつも快い酒に違いなかった。
身支度を済ませ、今にも降りそうな下関の町並みへ。
傘を見ると、よく似た『コンビニ傘』だが、ちょっと様子が違う。やや小さい。
昨晩の焼き鳥屋で、間違えたのか間違えられたのか(^_^;)
無いよりマシ、どこで雨が降ってくるかわからない。
それにしても深夜から早朝の雷鳴が轟いていたが、それも嘘のよう。
良かった良かった(^_^)v

  小降りくらいであれば長府へ行き、その後唐戸市場へ戻り昼食。
その後関門トンネルを徒歩で渡るため移動。
門司の『関門海峡めかり駅』から『門司港駅』まで、
観光列車レトロラインなら多少の雨でも何とかなりそう。
その後の予定は門司港周辺の散策なので、天候次第である。
予定を繰り上げて帰郷するのもいいかな、と。


ホテル側はいかにも裏口の雰囲気。雨がいつ降っても不思議でない雰囲気。9時前の小月行きに乗車。


バス停『城下町長府』で下車。静かな町並みを行き交う人もまばら。紅葉もチラホラ。


毛利邸庭園。毛利藩最後の藩主、毛利元敏の邸宅。表門、玄関前の中庭やひっそりとした板張り廊下。


静かに苔や紅葉などを眺めながら、時の過ぎるのを楽しみたかった。その前を横切る喧噪の集団。


某国の人達の傍若無人の行動に唖然。大声張り上げ係員の注意も無視状態。苔も踏みまくりです。


移動中幸い雨に降られずに唐戸市場へ。昨日と違い昼食時間は都会並みの混雑。人気店は長蛇の列。


新鮮で色取り取りの握り鮨が並んでいました。全て食べ尽くしたい(^_^) 刺身や揚げ物も魅力です。


鯨と言えば竜田揚げ。刺身は新鮮で美味しく頂きました。今も生唾ものです。河豚は見送るわ(^_^)


二階からの風景。関門海峡やこれから目指す門司港レトロ地区や関門大橋が見渡せます。


関門大橋のたもとのトンネル下関口。海沿いの公園には幕末の長州砲のレプリカが海峡を睨んでます。


国道トンネルの下に780mの歩行者専用トンネルが無料。15分で門司めかりへ。対岸が先ほどの下関。


めかり駅隣の電気機関車と客車。車内は急行『きたぐに』などで利用した『カマボコ型シート』


今日こそは乗れる『潮風号』。車内は三岐鉄道北勢線より広いような。観光客気分(^^)/~~~


終点門司港駅。すぐ隣は鉄道記念館。雨の降らない間に海岸散策すると、『ホテルウェディング』


やっと来ました、鉄道記念館。家族連れ、異人さん多数。まりもさんのツッコミどころ満載です(^_^)


入り口左の『クハ481-246、ED76 1、EF30 3 』へ。色んな計器や運転席からの展望。狭い(^_^;)


『C591』『EF1035』『ED721』ですね(^_^)v 某サイト参照しました。ウィキペディア


『キハ0741』の外観とその車内。懐かしいような、いや映画の世界かな。


この手の車両は、片上鉄道にも保存されてるようです。行きますか(^_^)v


まりもさんには懐かしいかな(^_^) 『クハネ5818』は乗った事ないけれど、車内はどこか懐かしい。


『スハネフ1411』は当時憧れ。『北海道ワイド周遊券』で利用してたのは10系寝台車12系普通座席。


ここから入って普通席へ(^_^)v それも遠い想い出です。ドアが二つ折れになるのも有りましたね。


関西では大阪駅でよく拝見したお顔ですが、一度も乗った事ありません(^_^)18切符では無理ですね。


本館とその中の鉄道パノラマセット。何とかゲージ? また本館横にはミニ鉄道も走ってました。


遠くからでもその存在の大きさに驚く。三宜楼(サンキロウ)は門司港の繁栄を物語る料亭だったそうです。


石段を登り、正面玄関へ。高そ~な所です。 会食予定があり、10分の見学ok。二階の百畳の大広間。


全て開放される訳ではなく、二階からの様子。静かに時が過ぎていきます。こんな所で食事したいね。


一階に有ったミニチュア。こんなに繊細にこの三宜楼が出来ているとは驚きです。玄関にザワメキが。


賑やかな港も良いけれど、地元の息づかいが聞える路地裏も良し。時々『今日は』と声かけられる。


宵闇が迫り港の見える『門司港レトロ展望台』31階103mで、海峡を挟んで下関や大橋も見渡せます。


関門海峡大橋、遠景の下関、そして眼下のレトロ地区。ロマンチックな初日に立ち会えてラッキー。


『門司港イルミネーション2016』眼下に無数の灯りの『想い』が灯ります。演奏も始まってます。


半年前の事、南島原~下関ライブの事。そして今後の事など走馬燈のように思いが巡ります。


 ♡マーク観て、『あの日の風景』を思い出しました。気持ちを伝えたくて、ただ突っ走ってました。


物思いに耽ってる間の無く、レトロ地区を後にする時間が迫ってました。後ろ髪引かれる思いで次へ。


門司港駅舎の工事の事を知らない悔いも有るけれど、雨にも降られずほぼ計画通りに。誰に感謝?!


小倉から新幹線。腹ごしらえの為、昨日の店へ。満席の為近隣の成吉思汗の店へ。北海道に限る(>_<)


小倉駅で待ってたら、再び500系に遭遇。その目は『乗ってくれ(^_^)』と言ってるようです(^_^) 


20時23分新大阪行き『さくら』です。今回は間違えてないですね、まりもさん(^^)/~~~


  『眩しい存在』でもあり『手に届きそうで届かない』貴女。
     いつも『熱い想い』や『心にそよ風』を与え続けて下さる貴女。
         そんな貴女から誘われて、有意義な二日間を過ごす事ができました。


 『会場に足を運んでくださいね♡』は夢の言葉。
       貴女に出逢い、貴女の声に素直になり、少しだけ歩んでみました。
                          いつもありがとう、孝子さん(^_^)v


  今回のベストショットです(^_^)v





    今回のT's GARDEN 下関 は今回でオシマイ(^^)/~~~



PR