忍者ブログ

   

  T's GARDEN下関-4



  今回わずかな可能性に賭けて、二日目は下関近隣の夕景の綺麗なスポットに焦点を定めていた。
でも当日が迫るとともに、100%雨降りの予報。
帰りの新幹線のチケットの変更や、雨の中の観光をどうするのか。
あっさり朝一の新幹線で帰ってこようか、、、とも考えたが、せっかくの遠征。
孝子さんからのプレゼントだから、トコトン楽しむことにした。
さてどこへ行こうか(^^)/~~~
下関より門司港の方が魅力的な事が少しずつわかってきた。(個人的主観)
また小倉には、松本清張記念館もあり彼のファンとしても一度は行ってみたかった聖地である。
そして当初案の新下関から帰郷するより、小倉からの方が便利な事も徐々にわかってきた。
雨降りの行動にポンチョや傘も買ったものの、結局当日の姫路の朝の空模様で全て現地調達にした。

  ライブ日は小倉で下車、昼食と松本清張記念館へ寄って、その後門司港から船で下関唐戸市場へ。
その後時間があれば、駅前のホテルでチェックインを済ませ、ドリームシップ海のホールへ移動する。
色々と考えてるって楽しいけれども、現地で判断する方が今回はベストかな?との思いもあった。
取りあえずどう転んでも『あそこ』だけは、必ず行こうと(^^)/~~~


  そして、11月18日、姫路の天気は快晴。
下関も晴れている。ただし夕刻から雨降り。
当然翌日も終日雨の予報が出ている。
孝子さん=雨のライブが定番になってしまった。
今回も目覚まし時計の鳴る前に目覚める(^_^)v

  
前回より30分遅く姫路出発です。目の前に停まったのはまさかの500系です(^_^)v 乗りたかった。



4時間のお供は当然孝子さんです(^_^)v すぐに夢の世界へ。広島を過ぎて車内見学や記念撮影です。



小倉駅下車、隣接のモノレールで旦過駅へ。近代的な駅ビルを降りると場末の雰囲気ムンムン。



一歩中へ入ると地元の人の為の市場です。新鮮な野菜や魚が無造作に。こんな所が本当は美味しい。



その市場の一角の『空』に飛び入る。サラリーマン達10人で満席です。刺身定食が美味しかった。



徒歩20分で松本清張記念館。彼の全てを展示している。あまりにも知らない事が多い。読み直そうか。



西小倉駅、駅前の地元有名洋菓子店。ここで孝子さん好みの甘い物を買う。そして門司港へ(^^)/~~~



『終着駅門司港』雰囲気ありますね。どこか儚さ、淋しさが漂ってます。清張の小説に出てきそう。



改札口を出て、駅舎の正面を撮ろうとウロウロ。でも無い。結局工事中で、2年後完成。情報不足。



数分歩くと別世界。レトロ地区は観光地として整備。某国民とカップル多数。雨が降ってきた。



何故か地区の一角に鎮座していました。西鉄車両ですね。まりもさん、ツッコミどころですよ(^_^)



対岸の下関唐戸市場まで5分の高速艇。その着岸の荒々しさと、波間を走る様はドラマのようだった。



唐戸市場へ寄ったり、ホテルでチェックインを済ませ、ドリームシップ海のホールへは30分前到着。



下関まで遠征し、笑顔の孝子さんが数㍍先に。28年ファンを続けてきて本当に良かったと思います。





PR