忍者ブログ

   

岡村孝子 あの頃ミュージック 22回目

 2月21日

岡村孝子 あの頃ミュージック 2月22日からの放送は “ハーモニー”をテーマに お送りします。 岡村さんを語る上で外すことの出来ない“ハーモニー”を イメージする あの曲は もちろんかかりますよ。 その他どんな曲を選曲されたのかは放送を聴いて確認 して下さいね





  テーマ ~ ハーモニー

メール  tsuyukiさん、採用おめでとうございます(^_-)-☆
   (30周年イヤーの色んな企画楽しみにしています。
     リクエスト曲は、私の新しいスタートに相応しい『新しいスタート』をお願いします。)

『DO MY BEST Ⅱ』とかを準備してるので、楽しみにして下さいね(^-^)

♪新しいスタート♪

2~3歳の頃寝付くまで、毎日枕元で母親がたくさん歌を歌ってくれてた。
ほとんど童謡なんですけど。
『浜千鳥』は知らないかもしれない、ちょっときゅんと切なくなるメロディーラインであった。
童謡って結構マイナー調で、きれいなメロディーラインを聴いていると、感受性豊かな子になる。母が童謡をいつも歌ってくれてたおかげで、すごく音楽が身近にあり音楽が好き。
自然とオルガン教室とか音楽教室に入って行ったり、ピアノを習いにもいった。
そうやって母が歌ってくれてる歌に自分も一緒にハモってた。
学生時代に聴いてた音楽はさだまさしさんは好きだったが、
それ以外に『ふきのとう』とか割りとデュエットとかハモる系の音楽が多かったと思う。
自分もいつかシンガーソングライターになりたいなぁということを考えていた。
あみんの前にアマチュア時代友達(女の子2人)と一緒にプロを目指していた。
その時はもう1人の子がメインで歌って曲を書いて、私はただ横でハモるだけ。
いつか自分の書いたメロディーと曲で誰かにハモってもらいたく、作詞作曲編曲教室に通っていた。
大学でハコと出逢い、元々自分の曲を作っていたので、そこにハーモニーはつけてなかったが、
ハコが一緒にやると言ってくれてから、この曲にハモリを付けようかということで、
メロディラインの3度下を自分で歌ってみて、その場でハコがハモって、ハーモニーを付けて歌った。
私とハコって声がほとんど同じ、すっごいそっくり。
ミキサーさんもわからなくなってしまうぐらいに2人のハーモニーが溶け合っていくので、
コンテストに応募した時もすごく周りの方がすごく溶け合っていていいねと言ってくれてた。

ハーモニーをイメージする王道な曲、あみん『待つわ』 

♪待つわ♪

♪銀色の少女♪


孝子さんは一度もカラオケには行った事ない


ふきのとう ♪風来坊♪

学生時代『ふきのとう』はさださんに次いで好きだった。何度かコンサートに名古屋へ行った。
すごく好きで名古屋のコンサートに行った時『岡崎にもぜひ来て下さい』と手紙を書いて渡した。
そしたらそのあと岡崎にも来て下さった。
その名古屋のコンサートの時、皆さん座ってじっくり聴こうとするお客さんばかりだったのに、
ものすごく好きで好きでレコードを聴いている方のコンサートを、始めて生で歌を聴いて、
アンコールの時一緒に行った友達とふたり通路を走り、
『どうしても来て下さいとの手紙』と『プレゼント』を渡したくて前に行ってしまった。
山木さんと細坪さんも優しくて 歌おうかなというところをギターを置いて受け取ってく下さった。
歌った後に『本当に嬉しいです、光栄です。観に来て下さるだけで良いんですよ』と言って下さった。
ステージに立つようになってマナー違反をしてしまったと今反省している。
学生時代の自分に『コラー!!!』と怒ってやりたいと思います。




メール 海に輝く星さん、採用おめでとうございます。
  最近は声に出して文章を読む音読というが、はやっていますね。
学校教育にも取り入れられているようで、我が家の朝も双子の娘の音読からスタートします。
小学年高学年になってからは古文を学ぶようで、音読の定番は『枕草子』です。
2人が読み上げるいにしえの言葉のハーモニーに、妙に気持ちが落ち着くのは生粋の日本人の証ですね。
今年は年明けから雪が多かったですが、もう少しで鳥のさえずりが軽やかなハーモニーをかもしだす春。
春は曙に因んで『ジュ・テ-ム』をリクエストします。

 海に輝く星さん、たびたびメールを頂くんですけど、
いつも思うんですけどホントに言葉の選び方が素晴らしい、
素敵だなと言うかセンスが良い言葉の引き出しが多い方だと思います。


♪ジュ・テ-ム♪ 


あいうえ 岡村孝子

 お題 『ま』       
   マッサージとマイクと枕でお話したいと思います。
 連想するのは全てコンサートにかかわる物です。
 マイクというのはシンガーソングライターで歌を歌っているので決まっている。
 いつもPAの方がマイクを用意してくれる。
 あみんで歌う時はマイクの下に色がついていて、黄色と紫色で2人で見分けている。
 ある時スタッフが勘違いしたのか、マイクの色が入れ替わっていて、
 2人とも私のじゃないなと思いながら、色の違ったマイクを使っていた。
 ソロで歌う時もある日全然違うマイクに替わっていて、
その色のマイクが持ち易かったので、違うんですかと訊くと、これに替わりましたと言われた。
そのマイクがとっても音を拾って、広がる素晴らしいマイクに替わったので、
何で最初からこれでなかったのかな、思った。

リハーサルの時と歌ったあとホテルに泊まった時に寝る前に、
スポーツトレーナーにマッサージをしてもらう。
喉が楽器なので、ここが使えにくくなると仕事にひびくかなと。
コンサートの前はストレッチ、喉が開くように鎖骨の下をマッサージしてもらってる。

枕が変わると眠れないほう。
あるコンサートが終わった後のご飯の時に、その事を話したら
クリスマスコンサートの時、バンドのメンバーが小さな枕をプレゼントされた。
何に使うかな、と思いつつ何年も。
私枕が変わると眠れないと言ったから、この枕?!
気づきツアーに持って行ったが、使えず。
自宅で普段使ってる枕と、その小さい枕を並べて交代で使っている。
最近枕が替わっても眠れるようになった。その小さな枕をスーツケースに忍ばせている。

『ま』と言えば、マイクとマッサージと枕と続くコンサートのお話をしました。
お後が宜しいようで ❤

 ♪満天の星♪  
      
 ハーモニーと言えばそろそろ、ハコと歌う『宝くじまちの音楽会』の季節がやってきたな、
待ち遠しく思います。






  海に輝く星さんのような文章が書ければと思う。

尊敬する孝子さんに褒められるって、どんな気持ちなんでしょうか(^-^)

いつかそんな人になりたい(^_-)-☆

そしていつの日か、褒められたい(^_-)-☆



  
※ あみんの前にアマチュア時代友達(女の子2人)と一緒にプロを目指していた。

  この前後の事は『消し忘れたメッセージ』に詳しく書かれている。
 デュエット曲は『おなじ時の流れの中で』 グループ名は『ジェット』



PR