忍者ブログ

   

ライブ以外の想い出 その4

宿のマイクロバスで福江港へ。
他に乗客もなく、もちろん孝子さんたちの姿もなく、
淡々と時間だけが過ぎて行く。

  離島とは思えない賑やかな港と、その周辺の繁華街。
近隣には高層ホテルまである。
もっとひなびた港町を想像していただけに、認識を新たにした瞬間だった。



 福江港のフェリーターミナル正面。
待合室には、福江港からの近隣への航路地図や、
観光地の写真満載だった。
  入口に見慣れたポスターがありました。
たぶん島内の公共施設にくまなく貼られていたからこそ、
昨日満席だったのでしょうね(*^^)v
『私が岡村孝子です』
島民にとって孝子さんって、100%新顔だものね。
  ここからは、まりもさんに連れらて長崎へ。
そのあとの道中は全くお任せ状態です。
わかってるのは博多APから最終便で、
伊丹APへのフライトのみ。
とりあえず9時20分のジェットフォイルを予約
 出港時間まで、ターミナル散策。
自衛隊の船もありました。
ここは国境に近いとの事も改めて感じました。
  飛ぶように迫ってきたジェットフォイルも、
港内では静かに迫って来ます。
こんなに大型船が行き過ってるとは、驚きです。
  岸壁に横付けされたのを含め、大小4隻が留りました。
それぞれ別会社です。
福江港の岸壁狭しと横付けされた船から、
次々の地元の人や観光客が乗り降りしていました。
  長崎県県警の水上艇です。
お疲れ様です。
海上保安庁の船も停泊してたのですが、
今回の掲載はNGです(*^^)v
  定刻に出港、海面を飛ぶように移動。
酔うような横揺れも無く、快適な海の旅に感謝。
2時間後には、坂の街長崎へ。
『坂にへばりつく家並み』が、
海の上から観られるとは、、、。
  無事何事もなく定刻に長崎港へ到着。
この時フッと孝子さんの事が脳裏を霞めていた。
まだ五島なのか、もしや機上の人なのか。
そんな思いも、このあとの行程の中に埋もれてしまった。
  最寄りの市電乗り場の行く途中の雰囲気のある建物。
文明堂の本店でした。
辛党には縁がないですね。
  最寄りの『大波止』で何度もパチリ。
路面電車の行き交う町並みって素敵ですね。
都電(面影橋)や阪堺電車(松虫)の街並みにお似合いです。
   2路線経由なので、『乗つぎ券』が必要。
なくても安い事この上ない。
長崎は坂が多いので、車いすでの移動がほとんど無理。
せっかくの路面電車も段差が有り過ぎて(*^^)v
   長崎でのただひとつの目的地。
観光施設でもなく、孝子さん関連でもない。
農協の『ふれあい市場』。
たまたま自宅で食べた長崎産トマトが美味しかったので、
直接購入したかったから。
  これが長崎産のトマト。
試食がなく、とりあえず一袋買って食する。
美味しいのには間違いないが、濃厚さがない。
とりあえず6袋買う。
五島うどんとこのトマトの重みが肩に食い込む。
  予定もわからずまま、写真を撮ってるわけも行かず、
そうそうにその場を離れる。
  長崎駅前でJRの時間待ちの間のお気に入りの一枚。
  これが今回のまりもさんの撮りたかった『白いかもめ』。
エッ、これが、、、と思っても、
ファンにしかわからないモノってありますよね(^v^)
  以前からまりもさんから乗りたい列車のひとつ、
と聴いていた『ソニック』だと思ってたら、違うよって(*^^)v
787系つばめ型車両。
以前は『リレーつばめ』に使用されてた。
ダイヤ改正で九州各地へ配置された。
  ~まりもさん情報~
  大村線の『シーサイドライナー』で気動車のようです。
時間があればゆっくりと揺れに任せて旅したいですね。
  ~まりもさん情報~
  『白いかもめ』の車中は、
関西の新快速電車並みの快適空間でした。
なんて書いてたら、クレームものですね。
でも素人には良さがわからない(^_-)-☆
  どこへこれから行くのかわからぬまま、
取りあえずは駅構内で買った駅弁で腹ごしらえ。
ビールも呑みたい心境だったけれど、
知らない土地で酔って迷って、ひとりぼっちも情けないものね。
  ふだんは食べないボリューム満天。
肥って帰るのか(^-^)
鯨カツ弁当』って長崎名物???
  乗り換え駅で撮った一枚。
削除しようかと相談すると、
撮ろうとしてもなかなか撮れない『傑作』だって。
  食後の運動で最前列車両へ移動。
するとなんとびっくり(^-^)
運転席の前面が開いてました(*^^)v
  どこでどう乗り換えたのか。
気がつけば『西鉄 二日市駅』。
ここから『太宰府駅』までの7分間の異空間。
まりもさんの今回二つ目の撮鉄『旅人~たびと』です(*^^)v
  車内に入ってビックリ。
入口近くの座席の背もたれに、『タカコさん』発見。
西鉄『旅人~たびと』のマスコットキャラクター『千梅ちゃん』
これは『厄除け』
『いろんな災いがふりかかりませんよーにー♪』
  これは『安産』
『赤ちゃんが安産で無事に生まれますよーにー♪』
  これは『家内安全』
『仲良く安全に家族が暮らせますよーにー♪』
  これは『縁結び』
『素敵な人と出会い恋がかないますよーにー♪』
  これは『学業成就』
『受験合格や成績UPがかないますよーにー♪』
  お気に入りで再び車両移動。
同じものをパチリ。
  オフィシャルにも
チャレンジ精神旺盛で怖いもの知らずないたずらっ子!
さっぱりしているが実はかよわい。』とありました(^v^)
心の一番の奥にあるタカコさん像かも(*^^)v
 結局、大宰府の街には降りず、同じ電車で二日市駅へ。
そこから博多『博多一風堂』へ。
  赤とか白とかわからず、元祖である『白丸』を頼む。
空腹の胃袋に沁みわたる。
普段ならたぶん食べきれないボリュームでした。
  時間に追い立てられるように、博多天神を後にした。
博多APに着いた頃には西陽も輝き、
今回の長崎五島への旅を祝福しているように思えた。
  今回の旅の感想

 綾部から始まったツキが無くなってると思ってた。
事実私生活においては、どん底の半年間だった。
人生の反動がやってきた、、、と。
そんな先の見えない中で、手にした2枚のチケット。
金額的にも安かったし、旅する事で何らかの整理と好転のきっかけも欲しかった。
宿の予約をしたものの、心にのしかかるものが大きすぎ、気乗りしなかった。
昨年のCPとは真逆だった。
そんな中、『海に輝く星さん』が背中を押してくださり、
またまりもさんの日々誠意のある五島までの調整や、私生活での助言もあり決行した。
全てを予約したものの、数日前まで本当に機上の人になり得るのか正直わからなかった。

 出待ちの孝子さんの笑顔と感謝のお言葉が全ての不安と不満、
不条理な色んな事柄などが、全て吹っ飛んで行ったと感じています。
遠く長崎の海上に浮かぶ五島にまで出かけた今回の『まち音』でしたが、
『綾部』『たつの』『神戸』『笠岡』そして今回の『福江』と、
心の奥にいつまでも仕舞っておける大切にライブツアーでした。

 人生の転換点には、いつも孝子さんのライブがある。
今回はそんな大切なライブのひとつでした。


 きっかけを造って頂いた 孝子さん。
肩を押して頂いた 海に輝く星さん。
孝子さんのファンでないのに付き合わせてしまった まりもさん。


博多APの孝子さん似の地上職員さん。
空港から会場までの間、地元の話をさせて頂いたタクシー運転手さん。
ライブ後しばらくお話させて頂いた、地元の孝子ファンさん。
ホテルのお土産店の孝子ファンさん。
その他多くの人達のご厚意により、想い出深い旅を満喫いたしました。


  ありがとうございました(^v^)













    その5 はしばらくのお休み後に掲載予定です(^v^)


さて、いつになるのか、、(^v^)

もしや 来年かも  ね (^-^)








PR